MA導入のメリット

複雑な作業の効率化やコスト削減になる

インターネットの普及で実店舗以外での購入など、購買プロセスや情報収集の仕方が変化してきました。そのため各ユーザーにマッチした情報を提供する必要が出てきたのです。MA導入により、それまで行っていた複雑な作業をある程度自動化することで、マーケティング担当者の負担を減らすことができるようになったのです。今存在している多くのMAツールは、統合管理や各ツールの連携が可能となっています。営業とマーケティングに関する事項がまとまることで、それぞれの担当者が情報を共有しやすくなり、施策の連携も容易になりました。連携が簡単にできるようになれば、見込み客への対応もできるようになるため、より高い収益につながる可能性もあります。

ユーザーへのキャンペーン効果が上がりやすい

MAを導入することで、キャンペーンの施策においてある程度の効果が上がりやすくなり、結果として売り上げの増加につながっていきます。一般的に普及しているMAツールでは、ユーザーへのメール配信を行ってその反応をみたり、ウェブサイト上での訪問履歴やページの閲覧履歴などさまざまな行動履歴をトラッキングするようになっています。ユーザーの基本的な情報だけでなく、どんな情報に興味を持っているかという情報も得られるため、ユーザーの求めている情報を効果的に届けられるようになります。自分に合った情報であれば、メールマガジンなどの開封率や商品の購入率が上がるため、マーケティングキャンペーンの効果が自然に上がっていくでしょう。