MAを活用した成功事例と失敗事例!どちらも会社の財産だ!

データ分析ができる便利なツール

マーケティングオートメーションは、顧客情報や売り上げなどあらゆるデータを分析してくれるシステムにより事業をサポートしてくれます。主なメリットとしては、グラフや表で分かりやすくアウトプットを出してくれるため、考察がしやすく企業戦略に役立てることができるのです。成功事例としては、顧客のメール配信に対するアクションです。開封率や実際に購入やイベントに参加の有無などをみたり、それらの年齢層や地域を層別してまとめてくれるのです。活用としては、反応の少ない顧客にアプローチする戦略や、男性限定のイベントの企画などデータをもとに予測や対策を行い、宣伝効果を高めて売り上げを伸ばしていきます。データを簡単に見える化してくれるためまとめる手間がかかりません。

環境変化に対応しないとシステムを無駄にしてしまう

マーケティングオートメーションはシステムなため環境変化に適応しなければ陳腐化してしまいます。つまり同じような分析の繰り返しでは効果がだんだんとなくなってくるのです。主な失敗事例としては、通常はメールや郵便物により宣伝を行っており、効率的に分析をして成果を上げてきました。しかし、最近ではスマートフォンが普及しており簡単にインターネットを接続可能な環境です。アンケートシステムやログインの状況からでも分析ができるため、これらにデータを活用することで顧客の動向がつかめるのです。古いシステムであれば、メールだけで分析をして実態とは乖離してしまいます。スマートフォンを活用した戦略が重要なためそれに応じた分析システムに更新する必要があるのです。