MAを活用して新規顧客を獲得する方法

見込み顧客の情報を一元管理できる!

MAを利用することで顧客情報を一元管理できます。この機能を利用すれば多くの情報を入力しフォームを作成したり、一括で取り込むことが可能となり、より効率的に顧客獲得ができるでしょう。また、多くの重複した情報を一元化することで整理され永続的に管理しやすくなるといえます。MAでは、このような過去の見込み顧客の情報をもとにさまざまなコミュニケーションが可能であり、最適なタイミングで営業に引き渡すことができます。例えば、新規の見込み顧客が自社サイトのページをいつ閲覧したかなど、Webでの行動履歴が確認できれば、その顧客の必要とする情報を必要な時に提供できるといえます。また、そこから有望な顧客を抽出し選択することで有益なコミュニケーションをとれば、新規顧客の獲得につなげることができるでしょう。

有望な見込み顧客を知り新規顧客へ

最終的な購買に関わるのは営業であることがほとんどです。膨大な顧客情報から営業活動しながら顧客を選択するのは時間と労力がかかり、非効率であるといえます。効率よく見込みのある新規顧客に営業活動するには、MAを導入することをおすすめします。MAを導入すれば今まで気が付かなかった見込み顧客を自動的に抽出できるため効率よく営業活動ができるからです。膨大な情報から必要な見込み顧客にどのコンテンツと接触してもらい、どのようにコミュニケーションをとるかをその都度設計できれば、今まで以上に有益なコミュニケーションがとれるでしょう。このように有望な見込み顧客の抽出は大きなメリットとなり、新規顧客獲得のために重要なシステムといえます。