MAを活用して既存顧客を優良顧客へと育てる方法

MAで解決したい問題を明確にしてMAを有効活用

MAを導入したからと言って売り上げが伸びるわけではありません。MAは一つのツールとして捉え、顧客と会社の間にある問題を解決するためにMAを活用すると有効なツールとなります。「顧客の多様なニーズにどのように応えればいいのか」「顧客にどのような情報を与えることが顧客にとって有益なのか」「自社のブランド化において強みと弱みは何なのか」などを社内で洗い出す必要があります。その上でMAの多くの機能の中でどれを使って問題解決させる課題を明確にしましょう。例えば、確度の高い顧客に優先的に営業部門に引き継ぎたいなら、『リードスコアリングモデル』によって、顧客の適合度、関心、購買ステージを明確にして確度の高い顧客を選別出来ます。

PDCAを使って情報の共有と目的をはっきりさせる。

MAには多くの機能と多くの設定があります。設定を細かくすればするほど顧客へのアプローチや選別や情報提供を行う事が出来ますが、実際に効果がある設定でMAを利用しているかは都度確かめる必要があります。設定を行う際に目的やゴールをしっかり計画してから行うようにしましょう。成果(結果)を都度確認し、修正改善を行って、新たな目的を設定するPDCAを回してこそMAが有益なツールとなります。また、MAの活用はマーケティング部門だけでは行わず、実際に顧客にアプローチする営業部門の意見や経験を活かしながらPDCAを回すことも重要です。そうする事によって社内の各部署の横のつながりをもってMAを活用し既存顧客を優良顧客へと導く事が可能となります。